開発ストーリー 自然由来「濃密フルボ酸」

自然由来の腐植物質を短いサイクルで安定的に供給する技術を開発!

従来のフルボ酸エキスの生成~自然由来腐植生成と海洋性腐植土壌抽出との違い~

自然界におけるフルボ酸の生成

フルボ酸は、自然界では微量しか生産されない貴重な有機酸です。森林の腐植土壌の中に存在し、
あらゆる生物が栄養素を吸収するのに必要不可欠なものがフルボ酸です。自然界で腐植土壌は、1cm形成するのに100年の時間を要します。

腐植土に含まれるフミン酸とフルボ酸

フミン酸…アルカリ水溶液に可溶。色素が濃く黒色のメラニン色素の集まり。
フルボ酸…酸性溶液に可溶。とても希少価値が高くフミン酸に比べて効果が高い。

フルボ酸の役割:ミネラルやアミノ酸等を運びpHを緩衝する作用がある。

従来のフルボ酸エキスの抽出(海洋性腐植土壌抽出)

従来のフルボ酸の抽出方法である、海洋性腐植土壌抽出(フムスエキス)は、貴重な腐植土を乾燥させ、酸性溶液を添加して抽出します。

デメリット

  • 環境負荷が高い
  • 抽出コストが高い
  • 品質が安定しない
  • 強酸性になっている
  • ナトリウムの量が多い
  • 重金属・有害ミネラルを含んでしまう

デメリット克服

自然由来「濃密フルボ酸」の生成(特許技術)

国内の土壌が汚染されていないクリーンな広葉樹林帯の樹木の未分解有機物を、
自然由来の溶液に長時間浸透養成することで腐植物質の形成を可能にしました。


メリット

  • フルボ酸純度が高い
  • 環境負荷少ない
  • 無菌
  • CO2排出ゼロ
  • 安定した品質

フルボ酸の働き

フルボ酸は体の健康に必要な鉄分・亜鉛・ヨウ素などの、単体では摂取しにくい豊富なミネラルを体表面・体内の細胞に、より吸収しやすくさせるイオン交換物質です。

フルボ酸の体表面における働き

  • 導 入
  • 凝 集
  • 分 解

フルボ酸は体表面のpHバランスを整えます

アルカリ性に傾いた皮膚環境

皮膚膜

健康な皮膚状態(弱酸性)

健康な皮膚膜はpH4.5~6.0の弱酸性に保たれています。
「フルボ酸は体表面のpHを常に健康な弱酸性に保ちます。」

フルボ酸の体内における働き

フルボ酸の体内における働き

  • 豊富なミネラルを体の隅々に運ぶ
  • 過剰なミネラルを排出し、体内のバランスを調整
  • 活性酸素を分解

濃密フルボ酸の働きにより、動植物などに対して安心かつ様々な働きを促してくれます。


ソキアス海洋深層水(沖縄・南西沖の海洋1400Mから採取)

人間の身体には成人で約70%の水分でできているといわれています。当社では製品に扱う水にもこだわりを持つ事で、他にはない優れた効果を実現しました。

海洋深層水の役割
クラスター(水分子の集合体)が少ないので肌への浸透性が優れていて、有効成分の働きが増す
体内酵素の働きを促す
代謝力を上げる
ミネラル成分が肌の保湿成分を増やし、ダメージを受けた肌のバリア機能の促進をする
抗菌作用や抗炎症作用がある為、悪玉菌の繁殖や品質の安定に優れている
海洋深層水の特徴
海上の気温や汚染などの影響を受ける表層水に比べ、太陽光の届かない深海は大気にも汚染されず有害物質も存在しない
深海のため光合成反応ほとんどなく、
光合成に必要なミネラルが多くの残っている
年間を通して温度が低く一定であり、
水質の変化がなく安定している

フコイダン(トンガ産もずく)

海草などに触れるとヌルヌルしますがこの成分をフコイダンといいます。その中でもっとも良質といわれるのが「トンガ産フコイダン」です。

本来、海藻の表面に傷ができた時に細菌の繁殖を防いだり、海藻が空気に触れるしまった時に身を守る役割があります。
人の肌もフコイダンの働きによって、バリア機能として働き、保護や修復として役立ってくれます。

  • 保護 天然のバリア機能で刺激や雑菌から保護
  • 修復 傷ついた組織の修復を助ける
  • 保湿 肌の内側からの水分蒸発を防ぐ
  • 結合 肌との結合が高く保護成分を逃さない
  • 抗酸化 フコイダンの抗酸化力でコラーゲンやヒアルロン酸などの酸化分解を抑制

商品のご注文・お問合せはこちら TEL.048-812-7985 受付時間9:30~17:30

メールはこちら

  • 業務案内
  • 会社案内・アクセス